2021年4月7日水曜日

 

Pholcus fragillimus Strand 1907 


オキナワユウレイグモ


▶Back to Pholcidae


オキナワユウレイグモ
2021年4月、沖縄島にて。
南~東南~東アジアにかけて広く分布。
国内では沖縄島、与論島、南大東島から記録されている。

人工物周辺に棲息。
外見はイエユウレイグモに似るが本種のほうが小型。

オキナワユウレイグモ♂。
2021年4月、沖縄島にて。


2021年3月12日金曜日

Platnickina maculata (Yoshida 2001)


ミナミホシヒメグモ


▶Back to Theridiidae


ミナミホシヒメグモPlatnickina maculata♀。
沖縄島にて。

主に南西諸島に分布。外見はムナボシヒメグモに似る。

同個体側面図。

ミナミホシヒメグモ♂。
沖縄島にて。





 

Masirana longipaipis Komatsu 1972


ウデナガマシラグモ


▶Back to Leptonetidae


ウデナガマシラグモMasirana longipalpis♂。
沖縄島にて。

沖縄島以南の南西諸島に分布。
石灰洞内に棲息し、地面の窪みや岩の隙間にシート網を張る。
♂は触肢が極めて長い。

ウデナガマシラグモ♂。
沖縄島にて。

ウデナガマシラグモ♀。
沖縄島にて。


Humua takeuchii Ono 1987


ヒメバチグモ


▶Back to Corinnidae


ヒメバチグモHumua takeuchii♀。
沖縄島にて。

林縁や河川敷の草地に棲息。主にイネ科草本の葉上にみられる。

ヒメバチグモ♂。
草本上から地面に落下した個体。

同個体。



 

Lasaeola okinawana Yoshida & Ono 2000


オキナワミジングモ


▶Back to Theridiidae


オキナワミジングモLasaeola okinawana♂。
沖縄島にて。

御蔵島、沖縄島、石垣島から記録されている。
樹林地の葉枝からぶら下がっていた。

(1)♂触肢腹面図、(2)同側面図。



チュウガタシロカネグモ


チュウガタシロカネグモLeucauge balnda♀。
沖縄島にて。

日当たりの良い草地や林縁、公園の植え込みなどに棲息。

本種♀は腹部背面前方が出っ張り、そこに黒斑を伴う。

網上の♀。




2021年2月18日木曜日

Larinia argiopiformis Bösenberg & Strand 1906 


コガネグモダマシ


▶Back to Araneidae


コガネグモダマシLarinia argiopiformis♀。
2019年5月、栃木にて。

同個体背側面図。

同個体側面図。

コガネグモダマシ♀。
2019年5月、茨城にて。

網上の♀。
2019年5月、茨城にて。

コガネグモダマシ雄。
2019年5月、栃木にて。